猫活用リハビリ

昨日の記事で、虎次郎と遊んでくれていたのは、母親でした。



箱に入るのはあきらめて、母親の足の間に入る虎次郎。

母親、退院したばかりのころは かがむことができず、猫をかまうのも一苦労のようでしたが
現在は、このくらいのことはできるようになりました。

これもまたリハビリ?



母親は おもちゃを素早く動かせないのですが
それも、父親とも私ともちがう おもちゃの動きになって、虎次郎には新鮮に感じられるようです。

疲れすぎないのも いいのかもしれません。
父親は私は、虎次郎をできるだけ走らせようとするから、虎次郎はすぐに息が切れちゃうんですよね~(^▽^;






かがんで ひめをなでるだけでも
立ち上がり訓練になる

人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

そうですね、
リハビリにちょうどいいのかも?
猫さんはお年寄りと相性がいいですし、
最高の癒しにもなるとおもいます。

お母様、順調に回復されてるようで何よりです。
退院直後は虎次郎くんの相手するのはしんどかったでしょうねぇ^^;

コメントありがとうございます

入院中、リハビリの先生に「家庭に帰って日常生活を送るのが良いリハビリになる」と言われたそうですが
まぁそうですよね、買い物も行くし、台所にも立つし、猫のトイレ片付けるのにしゃがみ・立ちするし
メンドくても動かなきゃいけない場面、多いですもんね。
しかしながら、「退院したら自分でやってください」と言われたリハビリを、あまり熱心にやっていないんですよねぇ…
そのせいか、最近は、リハビリ回数を増やそうとか、もう一度入院して集中リハビリをしようとか、提案されているそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawalu

Author:kawalu
 
 ひめ
だっこ大好き甘えん坊。特技はゴメン寝と仏頂面。2000年生まれ。
 コタロウ
弟のうちから来ました。結石で通院経験あり。2003年生まれ。2015年12月永眠。
 虎次郎(コジロウ)
2018年8月17日生まれ。同年11月、父が譲渡会で一目ぼれ。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
THANKS
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR