うわのせ

抗てんかん薬フェノバルビタールの血中濃度を測りに行きました。
と、書いた記事に補足。(前記事 4/6 )

血液中に、薬の成分が どのくらいの濃度で含まれているか、を調べるもので、健康状態を調べるわけではないです。
血中濃度が高すぎれば、肝臓に害を及ぼす可能性があるので、薬の量を減らす。
低すぎれば、効果が出ない可能性があるので、薬の量を増やす。
そういう目安にするための検査です。

血中濃度と効果の出方は個体差があり、血中濃度が低くても効果が出ていれば、問題ないそうです。



んで、結果が出たので、電話で教えてもらいました。
結果は、基準とされる血中濃度の上限値。
このまま行きましょう、と言われたんですが…

1週間前、血中濃度を測るための採血に行ったとき、追加の薬をもらったんですが、ちょっと薬量が増えたんです。
初回の処方時より体重が増えていたので、その分。(薬の副作用で食欲亢進期があったため)
そしたら、とたんに副作用が強くなって!
最初に薬を飲み始めたときより、だんぜん強い。(参考記事 3/20 )

足に力が入らないのが特に強く出ていて
明らかに活動量が減ったし
ふつうに歩いてるだけでよろけたり
階段や机から落ちたり
あと、トイレがしにくそうでねぇ~

それと、眠りが深いんです。
よく寝てるっていえば そうなんですけど…
深すぎて ときどき心配になるくらい。
たまに、呼吸が間遠になってて、見てるこっちがドキドキするんですよ。(10~15秒くらい)

「眠りが深い(そして長い)」という副作用は、薬量を増やす前には出てなかったので、余計に気になります。
薬量が増えたといっても、オブラートで包んでる私にも、さっぱりわからない程度なんですけどね。
それだけ微量でも、こんなに体に出るもの!?
と、びっくりするくらいです。
怖い薬ですねぇ



で、それを話して、最初の処方量に戻してほしい、と頼みました。
電話口のH医師は ちょっと渋ってましたが、押しました。
その代わり、1週間後に また病院に連れて行く、ということで。

そもそも、よろけるって副作用は、2週間くらいで治まるって言われてたのに、3週間たっても治まってなかったんですよ。
そこに薬量が増えたから、副作用も上乗せ。ってイメージ。

肝心の神経症状は、確かに良くなってるけど~
この副作用じゃ、日常生活に支障があるレベルだし、効果に見合ってない気がする。

薬の量を元に戻して、またしばらく様子を見なくては。
とにかく、副作用が少し軽減するとよいのですが。






副作用を心配し続ける
長い1週間だった…
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

かわさん   こんばんは♪

いつもありがとうございます♪
血液中に薬の成分がどのくらいの濃度で含まれているか
を調べられたんですね。
血中濃度が高すぎれば肝臓に害を及ぼす可能性がある
場合薬の量を減らすんですね。
低すぎれば効果が出ない可能性があるので薬の量を増や
してどちらでも心配ですね。
そういう目安のための検査なんですね。
薬を増やされたら副作用が強くなって心配ですね。
足に力が入らないのが特に強く出ているのも目が離せない
ですね。

眠りが深くなり長いのは副作用で心配ですね。
薬を元に戻してもらってひめちゃん副作用が少し軽減すると
いいですね。

言われないとひめちゃん見ていつもと変わらないで可愛い
ですね(*^-^*)

なかなか難しい判断ですね〜。
でも獣医さんより、
お世話係りさんの方が症状を良く分かってると思います!
有能なお世話係りさんで、ひめさんは幸せね〜。

お薬の量って難しいですよね。

 効果の出方にも個体差があるし、なによりひめちゃんのお薬は副作用が顕著なものですからね。
副作用があまりに強く出ると、効果より副作用が気になるのは当然です。
 きっと私も、かわさんと同じようにお薬を減らして元の量にしてもらえるようにお願いしたと思います。


 ひめちゃんも、その方が充実した生活が送れるような気がします。


 ハータンのお誕生日に、コメントありがとうございました。
ゴンちゃんはね、拓郎のことをいつも抱えて大事にしてくれました。それはきっと、ゴンちゃん自身がクーと言うお兄ちゃんに大事に可愛がってもらったからだと思います。そして、拓郎が来たちょうど一年後にハータンがやってきました。ゴンちゃんはその翌年来たさっちゃんとリキのことも可愛がってくれたんですよ。

 ゴンちゃんは本当に穏やかで、面倒見のいい子です^^

難しいですね。薬漬けがいい状態って訳じゃないし~
副作用が日常生活を送る上でリスクになるなら、
毎日一緒に過ごす飼い主はなんとかしたいと思うのは自然なことですよね

私も同じ立場になったとして、お医者様に毅然と言えたらいいんですけど…

猫さんも人間も「薬は異物」
服用には西尾シンの注意が必要ですね。
猫さんは体も小さいので
微量でも大きな変化があるのでしょう。

ううむ、難しいですねえ
猫は体が小さいからちょっとの量でも変化が出てしまうんでしょうね
食欲を増進するために増えたんですか?
眠気が強くなる薬って人間にはよくあるけど、猫にもそういう副作用が出るんですね
でもよろけたりする方が心配ですよね

コメントありがとうございます

>柴犬ケイ様
そのうち消えると言われていた副作用が治らないうちに、薬が増えて、副作用もさらに強くなったので、不安で…
眠りが深いのは、鎮静作用が強く過ぎるためで、ひどいと呼吸が止まってしまうこともあると聞き、どうしても心配してしまいます。

>しっぽ様
獣医師によっても、慎重な人と、そうでない人でけっこう差がありますね。
薬を増やしたのは後者のタイプで、電話口で薬を減らすことに難色を示したのは前者のタイプみたいです。

>まめはなのクー様
やっぱり、みんなゴンちゃんにお世話になったんですね~
ゴンちゃんはゴッドマザーですね!
…マザーじゃないか、じゃあゴッドファーザー…っていうと、意味が変わっちゃいますね。(^ ^;

>★☆いっちー☆★様
自分がかかってる医師には強く言えなくても、飼い猫の医師にガツンと言えるものですよ~
私もそうです。(^▽^
それに、ネットで最新情報を熱心に集めてる飼い主のほうが、その病気については医師より詳しい部分もあったりするんですよ。
あと、薬の飲ませ方とか発作時の対処法とかは、獣医師より飼い主たちのほうが、よほど情報持ってますね。

>うらねこ様
あ、いえ、ちがいます。
食欲亢進は単なる副作用で、一時的なものです。
食欲が亢進してた1週間くらいの間で、0.4kg増えました。
薬の量が増えて、またちょっと食欲が亢進したので、また増えてしまうかもしれません。
体重が増えると、相対して薬の量が不足することになるので、これ以上は体重を増やさないようにしたいと思ってはいますが…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kawalu

Author:kawalu
 
 ひめ
だっこ大好き甘えん坊。特技はゴメン寝と仏頂面。2000年生まれ。
 コタロウ
弟のうちから来ました。結石で通院経験あり。2003年生まれ。2015年12月永眠。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
THANKS
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最近の画像