最後の一週間その2

予告通り続き。
最後の一週間 その2。

3/18
1回めの輸液の数時間後、急に歩き回り出したんですよ。
ここ数日、支えなしでは歩けなかったので、本当にびっくりしました。
ご覧ください、この雄姿を。


(3/18の写真)

って、客観的に見ると痛々しいですかね。(^▽^;

ていうか、落ち着けなくて うろうろしているわけなので、かわいそうではあるんです。
撮ったら すぐにだっこしてなでて落ち着かせようとしましたが、なかなか落ち着きませんでした。
これについては後述します。

3/19
延命ではなく緩和のための輸液のつもりだったので、連日はしない予定でしたが
この日、脱水っぽい様子が見られまして。
肉球が白くカサカサして、歯茎もうるおいのないマットな質感に。
「脱水だ!」と慌ててしまい、つい輸液をしてしまいました。

1時間もすると歯茎にうるおいが戻り、さらに数時間後には肉球のカサカサも消えて、輸液の効果に驚きましたねぇ。
輸液をすると、針を刺した場所(皮膚と筋肉の間)に水が溜まり、徐々に吸収されていくんですが、それがホントすぐになくなるんですよ。
吸収が速いんです。
輸液量が少ないせいもありますが。(心臓の負担を考えて少なめの指示が出ていました)

18日、19日と輸液の効果が高かった(と素人には見えた)ので、輸液を続ければ全身状態も良くなるかも、回復するかも、と少し期待を持ってしまいましたね…
しかしその日の夜のカプセルの薬を飲ませられなくて。
口を開けただけで「おえー」となってしまい、「口に何かを入れるのは もうやめよう」と、ようやく決めました。

3/20
先日の記事でも書いたように、たぶん喘鳴のせいで呼吸が ずっと速めでした。(前記事 4/1 )
それがこの朝、1分間に12~18まで落ち込んでいて、「今日なんだ」と覚悟を決め、そのまま布団で腕枕のまま、食事もとらずに ずーっとなでてました。
が、夕方になっても18のまま落ち着いてまして。
もしかして、2回の輸液で脱水が改善して、呼吸数も落ち着いた(というか正常化した?)のかなと、これまた期待してしまい、3回めの輸液。

17日に腹をくくったと書きながら、ぜんっぜん くくれてないんですよね…


(3/18の写真)

ところで少し前から、だっこしてもホカペに寝かせても落ち着かず、もぞもぞしたり起き上がろうとしたり、しょっちゅうしてましてね。
3/18の輸液の後に急にうろうろしだしたのも、たぶん同じ。
なかなか長時間続けて眠れないみたいで、その理由は寒いか気持ち悪いかだと思ってたんです。
でも、ネット記事で、死期が近づくと猫がする行動の中に「冷たいところに移動したがる」というのを発見。
体温が下がるため暑く感じるのかも、とのことで、なるほど!?と目からうろこ。

パネルヒーターから離れてだっこしてみたら、ぐっすり数時間寝ました。
暑かったのかー!
寒がりのイメージが強くて、ぜんぜん気付きませんでした。ゴメンひめちゃん。

ただ この後、食べてないのに お腹がいっそう固くなりまして。
冷えて、ますますお腹が動かなくなっちゃったのかな?と。
そんなわけで、お腹だけ靴下をかけられてる ひめ。↓


(3/18の写真)

程よい大きさで なるべく軽いもの、が他に見つからなくて。

3/21
呼吸数は18~24。
よだれが増え、口元に少量の泡が出ることも ちらほら。気持ち悪かったんでしょうねぇ。
よだれから、19日の夜に飲ませた最後の高栄養食「カケシア」のにおいがしたんですよ。
1日半もたつのに、まだ消化できてないんだ。そりゃ気持ち悪いよな、おとといは飲ませるんじゃなかったな。
と強く後悔。

この日もすごく迷いましたが、輸液はガマンしました。
輸液もやめる、と決めたつもりでいたんですけどね…また迷っちゃいましたね…

つづく。






コメント欄とじてます

人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

kawalu

Author:kawalu
 
 ひめ
だっこ大好き甘えん坊。特技はゴメン寝と仏頂面。2000年生まれ。
 コタロウ
弟のうちから来ました。結石で通院経験あり。2003年生まれ。2015年12月永眠。
 虎次郎(コジロウ)
2018年8月17日生まれ。同年11月、父が譲渡会で一目ぼれ。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
THANKS
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR