護衛たち

3/26に火葬も終えました。
火葬までが本当に辛かったですが、終わったら、だいぶ落ち着きました。

私が死んだら一緒に埋めてもらう予定なので(前記事 2022/11/23 )
今後ずっと お骨は手元にあります。



周りがさみしくて、とりあえず動物ポンポンたちを飾ってみました。
なんだかSPに守られてるみたいでかっこいいな。(^m^

で、詳細なんですけど
まず詳細その1。
2月の初めごろから、喘鳴(ぜんめい)が気になりまして。
ゼロゼロ、ゴロゴロ、グーグー、ブーブー、どれにも当てはまるような音です。
当初は給餌をした時だけで、給餌をやめれば すぐに治まっていましたが
徐々に、すぐには治まらなくなり
自分で食べても、水を飲んでも、鳴るようになり
ひと月後には、飲食関係なく24時間休みなく音がするように。
始めは息を吐くときだけでしたが、最終的には、吸うとき、吸いきったとき、吐くとき、の三段階で音がしました。

呼吸も少し速めで、呼吸数は
起き上がっただけで69、安静時48、睡眠時36って感じでした。(1分間)(正常は安静時20~40、睡眠時15~25)
(なので酸素発生装置を導入しましたが、目立った効果は感じられず)

喘鳴の悪化と並行して飲み込みも悪くなって、給餌に苦労するようになり
おとなしく給餌を受け入れてくれていた ひめも、ちょっと嫌がり始めたのが3月に入ってから。

3月の1度目の病院では「痰を切る薬」が出ましたが、1週間飲んでも効果なし。
2度目の病院では「のどに腫瘍があるかも?」ってステロイドが処方されましたが、これがたぶん致命傷に。(後述)


(3/2の写真)

詳細その2。
前にも書いた「滞留便が溜まってきている」ってやつ、これはたぶん、消化機能が落ちちゃってたんですよね。
食欲ないのに給餌してたから、消化能力を超えた分が溜まったんだと思います。
「お腹の動きをよくする薬」(プロナミド)とマッサージの併用でなんとかしてましたが…

おそらくステロイドのダメージで胃腸がやられてしまい、ホントに動かなくなってしまいました。
マッサージして動かしても、1時間後には またカチカチ。
腹部に脂肪がないのもあって、腸のポコポコした形が見た目ではっきりとわかるほどです。
1回めのステロイドの3時間後から急にそうだったので、副作用かなと…はっきりしませんけどね。

で、マッサージをすると、気持ち悪そうにしたり、ひどいと吐いたり。
弱ーく、やわらかーくさわる程度のマッサージでもダメ。
そしてその程度だと、お腹の固さは取れない。

当然、食欲は廃絶。
ステロイドを始めるまでは、多少なりとも自分で食べていたのに。
その後は、刺身も、あぶった焼かつおも、食べたそうに宙をなめるだけでした。

喘鳴も苦しそうだったし、飲み込むのも苦労してたし、お腹も動かなくて気持ち悪そうだったし
どれが一番の理由だったのかわからないですが、とにかく食べられない。給餌も無理。
それで…でした。

給餌もして、酸素もして、輸液もして、ほぼ寝たきりで、最後の一週間はずっとだっこで、最後の瞬間もだっこで。
やりたかったことを全部やらせてもらった感じです。
コタのときは何もできなかったので、ぜひやりたかったんです。
やらせてくれてありがとう、ひめちゃん。
でももっとやりたかった。

あ、そうそう、「念のため」と動物病院で教わっておいた圧迫排尿も、最後の1回、役に立ちました。
上手にできましたよ。
さすがひめちゃん!

何年か前、母親に夢を語った(?)ことがあるんです。
「ひめがヨボったら、仕事辞めて家にいるんだー。そんでぜったい看取るの」って。
それを覚えていたんでしょうか、パート先が閉店したとき、母親が「次の仕事探さないで家にいて」って言ってくれたんですよ。
すでに介助が必要だった自分の面倒を見てくれ、ってことなんですけど、それを理由に働かなくてもいいよって言ってくれた感じです。

ひめに給餌が必要になったのは、母親が施設に入居した月からでした。
まるで、手が空くのをひめが待っててくれた、あるいは母親がタイミングを見計らって入居してくれたかのよう。
母親の意識がまだはっきりしてるうちに、その件について感謝を伝えられたのは、本当に良かったです。

おかげで がっつり ひめの世話ができたし
最後の1週間、ほとんど家事もしないで つきっきりでいられました。
働かないで猫の世話だけしてればいいなんて、なかなかいい身分ですよね。
父親にもたいへん感謝しています。(なんかとってつけたような一文だな)


(3/2の写真)

感謝と言えば
よく、お別れが近づくと「ありがとう」って言ったりするじゃないですか。
私も最後の日の3日前に言おうとしたんですけど…
口にしたとたんに号泣して、最後まで言えませんでした。

私が本当に言いたいのはそんなことじゃない。
本当に言いたかったのは、
「まだ行かないで」「もっとがんばって」「ずっと一緒にいて」
でした。
もちろんそれも言えませんけど。

心から「ありがとう」そして「もうがんばらなくていいよ」と言えたのは、もうひめの意識がなくなってから、本当に最後の瞬間でした。






2週間で1.7kgやせました
私が

人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

kawalu

Author:kawalu
 
 ひめ
だっこ大好き甘えん坊。特技はゴメン寝と仏頂面。2000年生まれ。
 コタロウ
弟のうちから来ました。結石で通院経験あり。2003年生まれ。2015年12月永眠。
 虎次郎(コジロウ)
2018年8月17日生まれ。同年11月、父が譲渡会で一目ぼれ。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
THANKS
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR