お気に入りの先生

2週間前に受けた健康診断の結果が届きました。(前記事 9/16 )

まず、ひめの腎臓の数値。
BUNは微減、クレアチニンは微増で、リンは大きく下がって安全値の「3.6」。
2種類のサプリを組み合わせて飲んでる甲斐があったわ~!(「カリナール コンボ」と「JIN」)
(リンの正常値上限は6ですが、獣医師に言われてる安全値上限は4.5)

クレアチニンが上がったのは気になるところですが、BUNは1年半ずっと微減を続けているので、対策は間違っていないもよう。
腎臓の療法食はぜんぜん食べられてないけど、なんとか維持できていて、ホントよかったです。

あと、フェノバール(抗てんかん薬)の血中濃度も、さらに下がって基準値下の「11」。
でも「状態は落ち着いてる」と言ったら、増薬の話は出ませんでした。
獣医師によっては、すぐに「増やす」って言ったりするんですけど、今回の先生はそうじゃなくてよかった~
副作用が強くて怖かったですからね、フェノバールは。



ひめは、今回の獣医師・Y先生をけっこう気に入ったようです。
顔をのぞきこまれて、「鼻あいさつ」で返したり
ペン状の検温器に「スリーッ」としたり
先生が書いてるカルテを見に行ったりしてました。

このY先生の飼い猫は、「投薬で毎回怪我します(笑)」ってほどの薬嫌いだそうで
ひめが、薬とサプリで1日に4回もカプセルかシリンジ投薬されてると聞いて、感心してました。
ていうか、獣医師なのに毎回怪我しちゃうくらい投薬に苦労するって、どうなんだろう…
猫に問題あり?獣医師に問題あり?(^▽^;



今回も尿検査をして、菌は消えてました。

血液検査の結果も「現状維持」だったし、よかったよかった。
この歳になると、現状維持で御の字ですよ。

さて、虎次郎のほうはどうだった?






明日につづく

人気ブログランキング
スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

また出た

先週の金曜日、動物病院に健康診断に行きました。
まずはひめ。
触診等では、異常なし。
血液検査の結果が出るのは1週間後で、自宅に郵送されます。

尿検査の結果は すぐにわかるんですが、また菌が出てしまいました。
なんにも症状がないのに膀胱炎って、去年の健康診断のときと同じじゃないか。
またかー! orz
(前記事 2018/10/01 )



「これだけ大量の菌が出てるのに、何も症状がないんですか…?」と、獣医師は懐疑的でした。
私がちゃんと見てない飼い主みたいに言うなよ?
膀胱炎を警戒して白いトイレ砂にしてるし
しっこのかたまりは めっちゃ見るし、においも嗅いでるっつーの。
しっこは定期的に出てる、しっこ前に騒ぐこともない。

毎年トイレを買い換えるし、トイレ洗う頻度も上げてるし、毎回 除菌スプレーもかけてるんだけどなぁ。



ま、腎臓まで菌が行って腎盂炎とかになる前に見つかってよかった、と思うことにしよう。

とにかくそんなわけで、また薬が増えました。
抗てんかん薬と一緒にカプセルに詰めて飲ませるだけですけどね。

ひめちゃんガンバレ~!






ちなみに体重は4.35キロでした

人気ブログランキング

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

意外とふつう

もう1週間以上前なんですけど、虎次郎が膀胱炎(たぶん)になりました。
何度もトイレに入るけど、何も出ない。という状態。

父親がすぐに病院に連れてったところ、白血球と潜血とタンパクが出たものの、菌も結晶もなし。
で、たぶん「特発性膀胱炎」じゃないか、という診断で。



コタも特発性膀胱炎と言われたことがありますが、「特発性」って要は「原因不明」。
菌が原因じゃないので、抗生剤を飲んでも意味がない。

コタは長引いちゃったけど、虎次郎は4日後には良くなりました。
よかったよかった。



原因不明とはいえ、主な要因と言われているのがストレス。

今回の症状が出た2日前に、姪っ子2号と3号が遊びに来たんですよ。
虎次郎はいつものように、逃げ隠れ一切せず、元気に遊んでもらったそうなんですけどね。
捕まってだっこされたり、押さえつけられてなでられたりもしたそうなので。

物怖じしないように見えて、ストレスがあったのかなぁと。



思えば、前に弟と姪っ子2号が来たあとも
さらに遡れば、うちに来た直後にも、程度は軽いけど同じようなことがあったなと思い至るわけです。
しっこの回数がやたら多くて、1回が ものすごく小さくて。

あのときに気付いていれば、もっと気を付けてやれたのに…
スマン、虎次郎!



何事にも動じない猫だと思ってましたが、意外と繊細だったのかもしれません。
(てか猫としては普通?)

とりあえず、来客以外のストレスもできるだけ減らすべく、環境の見直しを実施。
ケージにカバーをかけて、寝るときは気が散らないようにしたり
キャットタワーを導入したりしました。

あと、



シンクにふた。

虎次郎をできるだけケージの外に出してやりたいのですが、目を離すとシンクにダイブするので出しておけない。(前記事 12/5 )
そのとりあえずの対応策がコレ。
これで、虎次郎が自由にできる時間が少しは増えました。

難点は、持病で手が少し不自由な母親が、シンクを使えないことです。
(ふたにしている食器カゴが重くて動かせないそうです)

改善の余地あり。






ストレスなんかなさそう
と思ってた
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

続きを読む

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

あって良かった

ひめの膀胱炎が薬を飲んでも治らなくて、どの抗生剤が効くのかの「感受性検査」なるものをしたと書きましたが
(前記事 11/4 )
やっと結果が出ました。

やっぱり耐性菌でしたが、効く抗生剤もありました。

最初に処方されたけど、飲ませるとまったくごはんが食べられなくなってダメだった抗生剤は「感受」(効果あり)でした。
やっぱりアレなら効いたんだな~
でも食べられないんじゃな~

次に処方されて、3週間飲んだけど効かなかった抗生剤は「耐性」(効かない)。

で、それと成分の半分は同じなんだけど、「感受」になってる抗生剤があったので、今回はそれを処方されました。
今回のは、飲ませても ふつうにごはん食べられます。
データ上は効くことになってるし、これで治るでしょう!



3週間飲んだら、また病院です。
また膀胱穿刺(採尿)かぁ~、ヤだろうなぁ~、かわいそうな ひめちゃん。

ちなみに、今回の抗生剤も、抗てんかん薬と食欲増進剤と一緒にカプセルに詰め込めるので、飲ませるのは1回で済んでます。
楽でいいですねぇ。

投薬に苦労しない猫で、ホントよかったですわ。






相変わらず
見える症状はなんもない
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

治ってなかった

そうそう、そういえばなんですけど

ひめの尿検査、できました。
先週、やっと。(前記事 10/12 )

抗生剤をすべて飲み切ってから、10日くらいたってしまってました。
3週間も抗生剤飲んだし、治ってるだろう。
と、のんきに構えてたから、「採尿できたらでいいや~」と思ってたんですが。

治ってませんでした… orz

また菌が出たので本猫を連れてこい、と言われ
翌日に ひめを病院に連れて行って、改めて膀胱穿刺で採尿して検査してもらったところ、やっぱり菌検出。

やみくもに抗生剤を飲んでも良くないとのことで
効く抗生剤を試験する「感受性検査」ってのをすることになりました。
尿中の菌を培養して検査するので、2週間くらいかかるそうです。

これがまた、高かったんですよ~
2剤しか検査しないのに16000円。
やっぱ動物病院は高いわ~…



3週間飲んだ抗生剤は、M医師曰く「幅広い菌に効くタイプ」だそうで
それが効かなかったとなると、「耐性菌になっているかもしれません」とのこと。
膀胱炎は何度かくり返してるし、その可能性もあるのかも?
それはカンベンしてほしい!

最初に処方された抗生剤が飲めれば、効いたのかなぁ…
でも食べなくなるのは困るのよ…(前記事 10/1 )

症状は何もないのに、腹に針をぶっ刺されて、薬飲まされて、もっかい ぶっ刺されて。
かわいそうな ひめちゃん!

効く薬がありますように。






これまでの膀胱炎は抗生剤が効いてたから
油断した
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

kawalu

Author:kawalu
 
 ひめ
だっこ大好き甘えん坊。特技はゴメン寝と仏頂面。2000年生まれ。
 コタロウ
弟のうちから来ました。結石で通院経験あり。2003年生まれ。2015年12月永眠。
 虎次郎(コジロウ)
2018年8月17日生まれ。同年11月、父が譲渡会で一目ぼれ。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
THANKS
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR