あれはびっくりした

ひめが てんかんの大発作を起こしたのは、ちょうど1年前の今日でした。(その記事 2017/02/07 )

いやぁ~
あのときは びっくりしましたねぇ。
早朝で私は まだ寝てたので、寝起きで頭が働かず、でもそのほうが良かったかもしれません。
オロオロしたりバタバタしたりしなくて。

その後、同じような大発作は、いちおう起こしてません。
薬でコントロールできてるのかもしれないし
もしかしたら薬は関係ないのかもしれないけど
薬を飲んでるおかげで、今も元気に暮らせてるんだと思うことにしてます。

コタの最期が、てんかんみたいな発作の最中のことだったので、発作は すごーく怖いんです…
あの大発作で大事に至らなくて、本当に良かった。



大発作はないけど、部分発作らしきものが たまーにある気がするのが気になります。
ただ、あの発作のあと注意深く見てるから「部分発作かな?」と思うだけで、以前から兆候はあったのかもしれません。

例えば、急に変顔を繰り返したときとか。


(その記事 2016/07/23 )

この前の日には、よろけまくって心配したということもあります。(その記事 2016/07/22 )
そういえばあの様子、去年 何度かあった「足に力が入らない」感じと よく似てる気が…

てんかんや神経症状と関連があるのか、ただの老化現象なのか?
治まるんだから老化じゃないのかな??
MRIなどの検査を受ければ判明する可能性もありますが、全身麻酔をしてまで受ける気はありません。

人間換算なら もうすぐ米寿ですから。
歳相応っていや歳相応。じゃないでしょうか。

今後も うまいこと付き合って行こう。そうしよう。






「キーボードを静かに打つ」のは習慣化
(前記事 2017/04/04 )
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

ありがたや~

何度か書いてますが、食欲増進剤のおかげで、ひめは順調に食べてます。
薬が切れると食べなくなりますが…



薬が切れて食べなくなってるときの写真。
4種類のフードが出てますが、においをかぐだけで食べません。
薬が効いてる間は、どれでも食べます。

ありがたい薬ですが、効果がすごすぎて ちょっと怖い気もしますねぇ…(^▽^;
いや、ホントありがたいんですけど。

1回1/4錠で、有効時間は1日半から2日ってところ。
今は、体重が増えすぎないように、少しセーブするようにしてます。(前記事 1/6 )

ほんの少し前は、食べてくれればいくらでもいいと思っていたのに。
セーブするなんてゼータク~
そんなことができる余裕ができて、本当にありがたいことです。



そろそろ腎臓の検診に行く頃合いでして。
病院に行くと、どうしても体重を量りますが
こないだも書きましたように、体重が増えると薬量も増やそうって言われてしまうので~

体重が4キロを超えていないタイミングで行こっと。






今年は病院に連れて行く回数が
少ないといいなぁ
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

たくさんくれ

歯肉炎っぽい感じで食が進ます(前記事 11/21 )
抗生剤をもらってきて飲ませたら、かえって食べなくなってしまった(前記事 11/23 )
その後。

けっきょく抗生剤は2回しか飲ませられませんでした。
効いたのか効いてないのかイマイチよくわからないんですが…

肝心の食欲は まぁまぁですかねぇ。
食欲の出る薬ことペリアクチンを飲んでる割には食べる量が多くないけど、体重が維持できるくらいには食べてると思います。

ただ気になるのが、ペリアクチンの効果が切れるのが早くなってる?ってこと。
以前は3日もったんですが、今は2日かな~
1日半かも。

体が慣れて効きが悪くなるタイプの薬ではない。と聞いてるんですけどね。
ついでに言うと、依存性や虚脱症状もないそうです。
「何年も同じペースで飲み続けてるコもいます」とのこと。T医師談。

まぁ、1日半でも効いてるんだから いっか。



こないだは、夢の中でまで「ペリアクチンを11錠下さい」って言ってました。(^▽^;
なぜ11錠?

1回1/4錠で2日に1回投与なら11錠で88日分か。
約3ヶ月弱?ハンパだなぁ…
ま、わけがわからないのが夢ですけどね。

そうそう、行ってる動物病院が、来年の1月に移転するんですよ。
薬だけ受け取りに自転車で気軽に行けるって距離じゃなくなるので、一度にたくさん処方してほしいところなんですが~
獣医師によって、たくさんくれる人もいるし、1ヶ月分が限度って人もいるんで。
たくさん出してくれる人を覚えて、指名しなくては。






I医師やT医師はたくさんくれる
院長やネガティブH医師はくれない
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

床暖房に執着

食欲の出る薬こと「ペリアクチン」の話から ちょっとつづき。

こないだ、ひめが急に、うまく立てなくなったんですよ。
10/28と10/31。
立てないというか、歩けないというか…
足が滑るように ひらいてしまって、立ってられない、歩こうとしても前に進めない、という感じ。
10分くらいですかね~
すぐに また普通に歩けるようになるんで、足の機能には問題なさそう?

で、ペリアクチンについてWEB検索したとき、「てんかん持ちには使えない」と書かれているのを見て(前記事 11/3 )
「立てなかったのは、もしかして てんかんの部分発作!?」
とビビりまして。
部分発作に「足がつっぱる」っていうのが あるので、アレかなと。

ただ、1回めの10/28は、まだペリアクチンを飲み始める前。
最初に食べなくなった日で、そのときは低血糖か貧血で力が入らないんだと思いました。
(だから強制給餌に踏み切った)(その後の血液検査では貧血はなかった)

2回めは薬を飲み始めた翌日。
部分発作かもしれないとは思ってもみないので、抱き上げたり支えたり、母親にも見てもらったりしてバタバタしてしまいました。
てんかん発作だったとしたら、余計な刺激は避けるべきだったんですが。



追加のペリアクチンをもらいに行ったとき、獣医師に話してみたところ、やはり部分発作の可能性は高いそうです。
ただ、ペリアクチンを飲む前にもあったことから、ペリアクチンのせいではないだろうと。
てことは、ひめの脳の状態がよろしくないということ?

T医師曰く、続くようなら抗てんかん薬の量を増やしたほうが良いかもれないとのこと。
それはヤだなぁ…
また副作用がぁ~…(-_-;

ともあれ、そんなことがあったので



床暖房 再開で お役御免になっていたホカペカバーを、再び出しました。

フローリングよりは滑りにくいかと思って。
おうちもベッドも ごはんも、カバーの範囲内で済むようになってます。
写真には写ってないけど、水とトイレも近くにあります。

布団を敷くのが少し難しくなりましたが、まぁしょーがない。

あと、このホカペカバーにはすべり止めがついていないので、人間が踏むとすべります。
それもしょーがない、私が気を付ければいいだけだ。

またウレタンマットを敷いたほうがいいかなぁ…






その後は いちおうない
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

守護猫あり?

つまんない話が続いて申し訳ないんですけど
今日は「食欲が出る薬」について。
興味のない方はスルーで お願いします。

「食欲は出る薬」のおかげで、ひめは ばっちり食べてます。
この調子で食べていれば、あっという間に減った分を取り戻せそう。

この薬は、処方したS医師曰く「抗ヒスタミン系」。
はっきりした名前はわかりませんが、ネットで調べたところ「ペリアクチン」で、アレルギーの薬のようです。
副作用のひとつに「食欲亢進」があり、副作用ではなく薬効としての「食欲増進」も認められているとか。

そのほかの副作用には、「鳴き騒いで落ち着かない」、逆に「ずーっと寝てる」もあるという話でした。
ひめは どちらも出てるようです。

あと、これは医師には言われなかったんですが、排尿障害もあるそうで。
しっこの回数が急に増えたんで、心配になってネットで調べたら、なるほどねと。
そういうことは教えといてほしいなぁ。


(3月の写真)

もうひとつ、人間向けの説明書きで気になったのが、
「重篤な副作用では痙攣を起こす危険があるので、てんかん持ちには使えない」
という一文。

すでに飲んでいる薬との飲み合わせについて質問したとき、
S医師「抗てんかん薬とは一緒に飲んだほうがいいです」
と言っていたのは、これだったのか!?
そういうことは教えといて!ってば!
余計な不安を抱かせないようにという配慮だったのかもしれないですけど。

そう言われると、鳴き騒いで うろうろしている様子が、抗てんかん薬を飲み始める前の状態と よく似ている気がして、ちょっと怖いかも…
(参考記事 10/5 )


(3月の写真)

「食欲の出る薬」は、今朝 飲ませた分で終わり。
いったんやめてみて、飲まなくても食欲が戻ったかどうかを確認することになってます。
飲まなくてすむなら飲ませたくないですからねぇ。

続けて飲むことになるとしても、薬の量や頻度を変えられるか、医師に相談してみます。
副作用のコントロールができれば、魔法のように食欲の出る、頼もしい薬じゃないでしょうか。




蛇足。

コタが食欲廃絶したとき、たぶん同じ薬が処方されました。(その記事 2015/12/08 )
けど、飲ませると よだれが激しく出て かわいそうで、断念しちゃったんですよ。
でも もっとがんばって飲ませればよかった!
私は嫌われただろうけど、コタも食べられるようになったかもしれない。
これだけ効くって わかってればなー!

いやしかし、今回、早めに強制給餌を始めたのも
「食欲の出る薬」というものの存在を知っていて「処方してください」って頼めたのも
コタの前例があればこそ。
この薬は「老衰で弱った」状態では処方できないそうなので、ひめの年齢で ぐったりしてから頼んでも、もらえなかったかもしれません。

ひめの尿素窒素が下がったのも、コタが遺した乳酸菌サプリのおかげだし。

コタが ひめを守ってくれてるんだよね。
なんて☆






4号のカプセルに抗てんかん薬と
一緒に入れて飲ませるので楽
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

kawalu

Author:kawalu
 
 ひめ
だっこ大好き甘えん坊。特技はゴメン寝と仏頂面。2000年生まれ。
 コタロウ
弟のうちから来ました。結石で通院経験あり。2003年生まれ。2015年12月永眠。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
THANKS
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最近の画像