やっと基準値内

抗てんかん薬の量を「0.75」に減らして3週間後、血中濃度を測りまして。
結果、やっと血中濃度が基準値内に入りました。
「24」です。(基準値15~30)(前記事 7/11 )

もう一段階 減らすかどうか迷ったんですが…
調子は すこぶる良いので、とりあえず現状維持にしました。
これ、減薬に慎重な獣医師たち(H医師やG医師、院長)の影響を受けちゃってるんですかねぇ、私が。
今回の医師も含めて女医さんたちは、減薬や断薬にも抵抗ないみたいなんですけど。

ともかく、よろけは ほとんどなくなりました。
やっぱり薬のせいだったのよね。
医師には「歳のせいじゃないか」なんて言う人もいたけど。

爪とぎも、以前のようにバリバリできるようになって、ちゃんと爪も尖るようになりました。
足に力が入らなくて、しっかり爪とぎができなくなってたんです。
だから爪がはがれなくて、どんどん太く&長くなっちゃって。
爪を引っこめても はみ出るので、フローリングを歩くと犬みたいに「ちゃっちゃっ」って爪の音がしたこともありました。
爪が尖らない=だっこしても痛くない=爪が伸びたのに気付かないんですよ。
歩く音にびっくりして、慌てて切りました。



ところで、今回の医師は、2年半ぶりのT医師でした。
T医師が産休で半年くらい休んでたっていうのもあるんですが…
避けてたんです。
このT医師だけ、ひめがものすごく怖がるので。(前記事 2015/02/04 )
でも今回は、検査の結果を聞くだけで、ひめは連れてなかったから、久々にお会いしてみました。

T医師、なんだか雰囲気 変わってました。
キャリアウーマン風の「できる」感が鳴りを潜め…
丸くなったというか、やわらかくなったというか。
あくまで、以前と比較して、ですけど。

今のT医師なら、ひめも大丈夫かもしれない?






子育てで変わったの?
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

味レポ

昨日もチラッと書きましたが
腎不全の敵「リン」を抑える薬(レンジアレン)、飲めてません。
水に混ぜてシリンジ投与してましたが、日に日に嫌がり方が強くなり…
シリンジ自体を嫌がって、シリンジで ほかのサプリメントを飲ませるのも、苦労するようになってしまいまして。
レンジアレンは2週間たたずに やめてしまいました。

もちろん悩みましたよ~
なんとか、シリンジ以外の方法でレンジアレンを飲めないかと、あれこれ思案もしたんですけどね。
オブラートに包もうにも、カプセルに詰めようにも、量が多すぎるし。
フードやおやつに混ぜる系は全滅だったし。
それ以外に何も思いつかなかったし…

商品説明やレビューには、
「味もにおいもしないので、給与が容易」とか、
「嗜好性が高い」とか、
「いつものごはんに混ぜたら、ふつうに食べてくれました」とか、
書かれてるんですよ。

でもひめは、混ぜたら一切 口をつけませんでした。
てことは、においはするはず。
シリンジ投与で あれだけ嫌がったんだから、味も良くはないはず?

試しに、ちょびーっと なめてみたら…
マズっ! 鬼マズい!(>_<;

すっぱい+苦い味でした。
どうしてこれが「嗜好性が高い」?
「フードの味を変えない」??

こんなクソマズいものをムリヤリ飲ませてたのか…
ゴメン、ひめちゃん…!



とりあえず、ほかのリン吸着系の薬をネット注文してみました。
飲めるのあるといいなぁ。
それか、うまく飲ませるいい方法があるといいなぁ。

降りてこい!ってば!妙案!!щ(゚ロ゚щ)






それまで尿素窒素対策の「JIN」を
倍量にして 気休め
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

今度はどうだ

昨日、抗てんかん薬の血中濃度の結果を聞きに行ってきました。
血中濃度は ほぼ横ばいでした。
薬の量は減ってるのに。

最初に処方されたときの薬量は、単位は よくわからないけど「1.50」。
体重が増えて、一旦「1.75」になり
副作用が強くなって、また「1.50」に戻り
減薬することになって、2週間は「1.25」
検査前直近の2週間は「1.00」。
(体重に対する薬量比であって、単純に薬剤の体積や重量ではないようです)

この間、ずーっと、血中濃度は、31~36。(基準値15~30)

なんで下がんないの??



肝臓の分解能力が低いと、血中濃度は高くなりやすいそうです。
けど、血液検査では、肝臓系の数値は別に悪くはない。

なのに なぜ、薬量を減らしても血中濃度が下がらないのか、医師も
「不思議ですねぇ」(G医師)
「説明できません」(H田医師)
だそうです。

あと、薬量を減らしてるのに、ふらつきが治まらないのは、血中濃度が下がってないせい?
この副作用をどうにかしたくて、薬量を減らしてるのになぁ。



で、また、減薬することになりました。
抗てんかん薬の減薬には慎重な医師が多いんですが~
今回のH田医師は、こちらが減薬を切り出す前に、「減らしましょう」と言ってくれました。
H田医師は、「断薬も視野に入る」とも言ってました。

今度の薬量は「0.75」。
H田医師は「一気に0.50でもいいです」と言ってましたが、いちおう間を取ってみました。

次回の検査は、また3週間後。
血中濃度は下がるのでしょうか…






G医師は「1.0未満では飲む意味があまりない」
と言っていた
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

また増えた~

軽く昨日のつづき。

そんなわけで また動物病院に行きまして
抗てんかん薬の血中濃度は まだ出てないんですが、腎臓の検査結果は出てるので、聞いてきました。

腎臓系の数値で主に注意するのは、
 BUN(尿素窒素)
 クレアチニン
 リン
の3つ。(G医師談)

5/105/14の記事で「腎臓の数値が悪いので乳酸菌のサプリメントを飲むことになった」と書きましたが、このとき問題とされたのは「BUN」でした。
獣医に勧められたカリナール2が飲めなかったので、代わりに「JIN」を飲ませて、2ヶ月近く…
BUNは順調に下がり、今回の検査結果では、もうすぐ基準値に入りそうな数値でした。
おお~

JINは「腎臓に良い」とうたわれたサプリメントではないけど、効果ありそうですね。
これは、獣医にも教えてあげなくちゃ。



ただ、今回の検査で注目していたのは、「リン」。
ずっとイエローカード的数値で、前回の検査結果からレッドカードになっており、今回もほぼ同じ数値。
JINで、BUNもリンも両方下がったという猫もいるそうなので、期待してたんですけどねぇ。
いよいよリンを抑える薬も飲みましょうということで、「レンジアレン」の投与が開始となりました。

飲むものが増えた…orz

フードに混ぜるのは、ダメでした。
ドライにまぶしても、ウェットに混ぜてもダメ。
おやつ系は、そもそも食べる物がない。

しょーがないので、またしても水と一緒にシリンジ投与。
口のサプリも乳酸菌もレンジアレンもシリンジ。1日に5回シリンジ。(さらにカプセル)
さすがに ひめもうんざりしてきたっぽい…

今のところ、嫌がりながらも大人しく飲んでくれてるけど、いつまでもつことやら。
あんまり負担かけたくないし、さりとて代替案も思い浮かばないし。
どーしたものか。

降りてこい!妙案! щ(゚ロ゚щ)



とはいえ、世の中には もっと数多くの薬を飲んでる犬猫もおり
がんばって飲んでも薬の効果が出ないコもいたりするわけで

ひめは恵まれてるほうですよ、ホント。
嫌でも飲んでくれるし、飲めば効くし。
ありがたやありがたや。

ひめちゃん、今後もがんばって飲んでくだされ!






他の医師はそうでもないけど
G医師だけリンをすごく注視する
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

減ったら減った

こないだ、抗てんかん薬・フェノバルビタールの血中濃度を また測りに行った。(前記事 5/30 )
と書きまして。
その結果、やはり血中濃度は高かったし、今回は体重も増えてなかった(前記事 5/9 )
ので、薬量を少し減らすことにしました。

減らしたといっても、ホントに微量。
見た目でわからないのは もちろん、カプセルに詰めてても わからないくらいの差です。
しかし以前、同様に ちょびーっとだけ薬量が増えたとき、副作用が どかーんと強くなってビビった経験があり(前記事 4/10 )
ほんの少しの増減でも影響が大きいことは、重々わかっていたんですけどね。

今回の減薬でも、はっきりわかる変化が出ました。
食欲に。

フェノバルビタールの副作用の ひとつに、食欲亢進があり、それで体重が増えないようにするのに難儀してきましたが(前記事 5/21 )
その食欲が、パタッと収まりました。
逆に食べなさすぎじゃない?ってほどです。
自発的に食べる量は、これまでのザッと1/4。
食欲がなくて苦労したときと同等です。

しばらくは これでもいいけど…
これじゃ、あっという間に体重が減っちゃうなぁ…

ちょうど中間くらいの食欲になってほしかったな~
そう うまくはいかないもんですね。



肝心の「よろける」副作用は、今のところ変化なし。(前記事 5/18 )
そこが治まってほしくて、減薬したのにな。
でもまぁ、まだ1週間たってないし、これからに期待。

あと、減薬した分 神経症状が増えたりしませんよーに!

薬が増えても減っても心配
食欲が増えても減っても心配

体重が減りすぎると、また薬量も変えなきゃなので、なんとか4.0kg前後を維持していきたいところ。
今後も体重管理には苦労しそうです…






セーブ&リセット機能がほしい…
減薬前にセーブしたい…
↓↓↓
にほんブログ村へ
にほんブログ村へ

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

kawalu

Author:kawalu
 
 ひめ
だっこ大好き甘えん坊。特技はゴメン寝と仏頂面。2000年生まれ。
 コタロウ
弟のうちから来ました。結石で通院経験あり。2003年生まれ。2015年12月永眠。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
THANKS
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最近の画像